のどの違和感 | 西宮市今津駅前の耳鼻咽喉科・小児耳鼻咽喉科・アレルギー科『ひだ耳鼻咽喉科』

西宮市津門呉羽町1-28 今津医療センター3F TEL:0798-39-3788

診療紹介

ホーム > 診療紹介 > のどの違和感

このような症状の方は要注意!

  • お酒をたくさん飲む
  • 飲み込むときにのどの奥でひっかかる感じがある
  • いつものどに痰がひっかかっている気がする
  • くびにしこりがある

のどが詰まったような感じがするのですが、どんな病気が考えられますか?

慢性咽頭炎、咽喉頭異常感症、咽頭異物、咽頭ガン、食道がん、逆流性食道炎などが考えられます。

【慢性咽頭炎】
ウイルスや細菌の感染から発症します。急性咽頭炎が完全に治りきらないで治療を中断した場合、タバコやお酒などが咽頭を刺激することでおこります。
【咽喉頭異常感症】
のどに異常を感じますが、診察では病状、つまり咽頭や喉頭に病状が見られない病気の総称です。
【咽頭異物】
例えば、魚の骨などを飲み込んだ際に咽頭にひっかかることがありますが、その魚の骨などのことを咽頭異物と言います。
【逆流性食道炎】
胃酸などが食道に逆流することによって、食道の粘膜を刺激し炎症を起こす症状です。

ページトップに戻る

ひだ耳鼻咽喉科の診断方法と治療法

のどに違和感がある場合には、炎症を起こしている場合とできものができているもしくは何か異物が引っかかっている場合が考えられます。原因を見つけ出すために、レントゲンを撮ったり、ファイバースコープによって喉の状態を検査します。

異常が見られない場合には、炎症を抑える治療を行い、症状が改善するか経過をみます。症状が改善されない場合には、さらに詳しい検査(CTなど)が必要な場合は専門の病院にご紹介いたします。

一般には異常感は心因性のものや炎症性のものが多いのですが、稀に咽頭ガンや食道がんの可能性もありますので、のどが気になる方は安心のために耳鼻科で検査をしてもらって下さい。

ページトップに戻る