NOガス分析装置(NIOX VERO) | 西宮市今津駅前の耳鼻咽喉科・小児耳鼻咽喉科・アレルギー科『ひだ耳鼻咽喉科』

西宮市津門呉羽町1-28 今津医療センター3F TEL:0798-39-3788

治療に関して

ホーム > 治療について > NOガス分析装置(NIOX VERO)

NOガス分析装置(NIOX VERO)

一酸化窒素ガス分析装置

吐いた息に含まれる一酸化窒素(NO)の濃度を測定して、気道の炎症状態を評価する機器です。
炎症の程度に応じて薬の量をコントロールできるため、患者さんの負担軽減につながります。
炎症があると一酸化窒素(NO)が増えるので、ぜん息と他の慢性的な咳を区別できます。

呼気NO濃度はぜん息を診断する重要な目安

呼気中のNO濃度は、気道に好酸球性炎症があると上昇します。この値を測定することで、気道炎症のレベルに基づいて、ぜん息の診断と治療に活用できます。ぜん息患者の場合、呼気NOレベルは高値をとります。

呼気NOのデータ分布

特徴

  • 検査時間は、測定開始から結果表示までたったの約1分30秒です。
    1. 十分に息を吐き出します
    2. 測定器のマウスピースをくわえて息を吸います
    3. マウスピースをくわえたまま10秒間息を吐きます
    4. 約1分後に結果が出ます
    測定開始から結果表示までたったの約1分30秒
  • カラー液晶モニタに呼気流量がアニメーションで表示されます。呼気流量がアニメーション表示